読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェブコンテンツ

ソフトウェア関連のTipsをまとめています。

シンプルだけど高性能な html圧縮プラグイン「WP-HTML-Compression」

WordPress

スポンサーリンク

CMS「WordPress」でhtmlに存在する不要なコメントや改行を削除しファイルサイズを縮小する html圧縮プラグイン「WP-HTML-Compression」関する内容

 html圧縮プラグインって何?

WordPressで構築されたサイト内のhtmlファイルに存在する不要な改行、空白などを削除しコードを縮小するプラグインです。

f:id:birdone:20160815002048j:plain

初期状態の WordPressで使用するhtmlファイルは見やすいように改行や空白が挿入されていますが、この改行や空白を削除するプラグインで、ページ表示速度の高速化を手助けします。

WP-HTML-Compressioって何?

シンプルさと高性能がウリのhtml 圧縮プラグインです。

ファイル圧縮プラグインとしては「WP Minify」が有名ですが、WP Minifyは環境によって不具合、例えばCSSやJavaScriptが無効化されるなどの欠点があります。また、「特定のファイルを圧縮から除外する」などの機能があり、高機能ですが日本語非対応で初心者には分かりづらくオススメできません。

f:id:birdone:20160815002046j:plain

インストールして有効化するだけ

WP-HTML-Compressio は「インストール」し「有効化」するだけで動作し、設定は不要です。

そのため、設定画面はなくシンプルで初心者にもオススメです。

f:id:birdone:20160815002047j:plain

内容で削除する部分を賢く判断

WP-HTML-Compressio は内容によって削除する改行や空白を判断しています。

単純にすべての改行や空白を削除するとCSSやJavaScriptが正常に動作しなくなります。特にJavaScript部分の改行を削除するとプログラムが狂い動作しなくなります。

「WP Minify」をインストールしたらJavaScriptが動作しなくなるのはこのためです。(WP Minifyも判断しているようですがあまり賢くない模様です)

f:id:birdone:20160815002048j:plain

Googleも推奨する「HTML圧縮」

 Googleのウェブサイト管理者向け情報サイト「PageSpeed Insights」でもHTML圧縮を「リソース(HTML、CSS、JavaScript)を圧縮する」という項目で推奨しています。

次の画像は当サイトを「PageSpeed Insights」でチェックした結果ですが、提案事項で「HTMLを縮小する」を挙げています

なお、当サイトでは「WP-HTML-Compressio」を含め圧縮プラグインは使用していません。

f:id:birdone:20160815002045j:plain

インストール方法

WP-HTML-Compressio をインストールする方法は

  1. 公式サイトからダウンロードし、Wordpressにアップロードする方法
  2. WordPressに直接ダウンロードしインストールする方法

の2種類があります。利用者の環境に合わせて選択してください。

公式サイトからダウンロードしアップロードする方法

公式サイトにアクセスからWP-HTML-Compressio をダウンロードする

wordpress.org

Wordpressに直接ダウンロードしインストールする方法

「WP-HTML-Compressio」で検索する

f:id:birdone:20160815002049j:plain