AVG インターネットセキュリティ 無料試用版を無料版に切り替える方法

2016年8月18日

「AVG インターネットセキュリティ 2015 無料試用版」を「AVG アンチウイルス 2015 無料版」切り替える方法に関する内容

 無料試用版と無料版ってどう違うの?

無料試用版は無料版とは違いすべての機能を使用できる代わりに無料使用できる期間が制限されています。

無料試用版では有料製品「AVG インターネットセキュリティ 2015」のすべての機能を無料使用することができますが、30日以上使用する場合は製品版の購入が必要で、無料版では機能が制限される代わりに半永久的に無料で使用することができます。

無料試用版を使い続けたらどうなるの?

ウイルス定義ファイルがアップデートされず最新のウイルスや既存ウイルスの亜種を検知できなくなります。

ウイルスは毎日のように新しいものが生み出されているため、ウイルス定義ファイルがアップデートされていないアンチウイルスソフトはセキュリティ対策ソフトとして役に立ちません。

無料試用版を無料版に切り替える方法

デスクトップ画面で「Win」キーと「X」キーを同時に押し、「コントロールパネル」をクリックします。

「プログラムのアンインストール」をクリックします。

「AVG 2015」の上で右クリックをして、「変更」をクリックします。

「ダウングレード」をクリックします。

「今すぐ再起動(推奨)」をクリックします。

パソコンが再起動したら、無料版への切り替えは完了です。

無料版をインストールしたつもりだったけど?

「無料版をインストールしたつもりだったけど、無料試用版だった。」という方はいませんか?

当サイトでもAVG アンチウイルス 2015 無料版のインストール方法を説明していますが、手順通りにインストールしても無料試用版がインストールされている場合があるようです。(ご連絡頂いた方ありがとうございました。)

原因はダウンロード先の変更

当サイトの調査の結果、ダウンロードページのダウンロード先がAVGのサーバから複数のソフト配布サイトに変更されているためでした。

外部のサービスを利用することはサーバの負荷やメンテナンス中にもダウンロードできることから悪いことではありませんが、ダウンロード先が「ソフトニック(Softnic)」の場合は注意が必要です。

ソフトニックがダウンロード先として表示されているボタンをクリックすると、まずソフトニックのダウンロードページに移動します。

数秒後、ページがまた移動しダウンロードが始まるのですが、ダウンロードするファイルがなぜか体験版に変更されています。

ソフトニックの無断改変?

ソフトニックは以前から配布しているソフトに無断で第三者製のツールバー等を同梱するなどの作者より懸念の声が上がっていました。

参考:窓の杜 – 【NEWS】ダウンロードサイト“ソフトニック”のソフト配布方式に一部作者より懸念の声

今回の件もソフトニック側が無断でダウンロード内容を改変したのか、それともAVG側が要請したのかは不明ですが、他の配布サイトをクリックした場合は無料版がきちんとダウンロードされることからソフトニック側が行った可能性が高いでしょう。

ダウンロード先はVector、窓の社、ソフトニックの3種類のうちの一つがランダムで表示される仕組みで、Vectorと窓の社の場合は当然のように無料版がダウンロードされますので、ソフトニックが表示されている場合はダウンロードしないようにしましょう。